脱毛注意点

脱毛サロンに通う際に、気をつけなくてはいけない注意点があるのをご存知でしょうか?せっかく脱毛サロンできれいな肌をゲットしたいと思っても、注意点を知らなければ効果が半減するどころかリスクを負ってしまう危険もあるのです。

そこで今回は、安全かつ効果的に脱毛を行うために、脱毛サロンを利用する上での注意点について紹介していきます。ぜひ、これから脱毛サロンを利用しようと思っている人は参考にしてみてください。

【生理の時は施術を避ける】

生理の時は体に様々な変化が訪れます。特に肌が通常の時よりも非常に敏感になっています。
脱毛の施術は肌に少なからず負担を与えてしまうので、肌が敏感になっている生理付近には施術はしない方がいいのです。

【脱毛の施術前後に日焼けをしない】

脱毛サロンで使用するフラッシュ脱毛は、ムダ毛のメラニン色素に反応して毛根にダメージを与えていきます。

日焼けで肌が黒くなると、ムダ毛ではない部分にもメラニン色素が出てしまうのです。そのため、光を照射した時に肌に大きなダメージを与えたり、脱毛効果が半減したりする可能性があります。

また、施術後は肌が熱を持っていてとても敏感になっています。そこに日焼けをしてしまうと、肌に炎症を起こすリスクがあるのです。
これらのことから、脱毛の施術前後は長袖を着用したり日傘を使用したりするなどして、日焼けに十分に気をつけるようにしましょう。

【施術の前日には飲酒をしない】

脱毛の施術を行う前日に飲酒をしてはいけません。飲酒によって体温が上昇し、肌が火照ってしまいます。
そこにフラッシュ脱毛で光を照射すると肌にトラブルを負ってしまう危険があるのです。

また、飲酒をすることで通常とは異なる反応が体内で起きて、体調に支障をきたしてしまう場合もあります。
脱毛の施術を行う際には、光を肌に照射することで少なからず肌に負担がかかってしまうので、飲酒を避けてできるだけ万全な体調で望むことがおすすめです。

【施術前に予防接種を受けない】

季節によっては、予防接種を受ける人もいるかと思います。しかし、脱毛の施術を行う前には予防接種を受けないようにしましょう。
予防接種を受けることで、免疫機能を整えるために体内に変化が起こり、体がデリケートになっています。そんな時に脱毛の施術を受けたらリスクを生じてしまう危険があります。

どうしても予防接種を受けたい時には、脱毛サロンの施術者に相談をするか、一週間以上は日にちをおいて脱毛を受けるようにしましょう。

【施術前に薬を飲まない】

脱毛の施術を受ける際には、風邪薬や鼻炎薬、鎮痛剤など薬を服用することも避けてください。

特に風邪薬は脱毛の時に使用する薬剤と反応をして、肌荒れや色素沈着を起こしたりするだけでなく、体調を崩してしまうこともあります。

どうしても薬を服用したい場合には、脱毛サロンの施術担当者に前もって相談をするようにしましょう。

【施術前の自己処理の方法に気をつける】

脱毛サロンで脱毛の施術を受ける際には、事前に自分でムダ毛の処理をする必要があります。
ムダ毛が伸びすぎているとフラッシュ脱毛をした時に光が余計に肌に当たってしまうのです。そのため、施術の前日までにムダ毛を処理しなくてはならないのです。

その際に、毛抜きやカミソリを使用しないようにしましょう。毛抜きで毛を抜いてしまうと肌や毛根を傷めてしまい、施術の際に悪影響を及ぼしてしまいます。

カミソリを使えば、カミソリ負けなど起こして肌にダメージや乾燥を与えてしまうのです。
前日までに自己処理を行う場合には、毛抜きやカミソリではなく、肌への負担が少ない電気シェーバーを利用するようにしましょう。